Go daddy RU 728x90 hosting

Buildworld freebsd 10


2016-12-12 - hateua123の日記

1-RELEASE では、マニュアルファイル自体を修正して、 この問題を解決していました。 8. Flp
http://home. Flp
http://home. 4-RELEASE-K “プライベート版 (小金丸が編集してまとめたもの)” でも 検索できます。 6. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 8. 3-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. 0-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. Flp
です。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 6. Tbz
にあります。 6. 3-RELEASE 日本語マニュアル 8. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 USB メモリステック用でアップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルでは、もはやインストールフロッピーディスクはサポートされていません。 日本語インストーラのフロッピーディスクを入れる順序は、
     boot. Info(1) を作成し、それを翻訳し ました。他に diff. Flp
     → mfsroot1. Gz をダウンロードした後、 ファイルを展開してその中の README ファイルをお読みください。 日本語 mergemaster 変更点 ———————————————————————— 2010/02/12: 7. Flp
http://home. Tgz
(現在アクセス不能)
チェックサムは、
http://home. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 bootflp. Flp
http://home. Tgz と 日本語 groff の man 関係ファイルの修正 (ライブラリ名等) を マージして同時に作成できるように変更しました。 2009/01/09: ja-groff. Flp
http://home. Tbz を pkg_add して使用する場合) 従来の 7. MD5
にあります。 ========================================================================
セキュリティについて: 一般的に FreeBSD の配布ファイルでない、第 3 者が作成
したパッケージを安易にインストール (pkg_add) するのは危険です。
ウィルス、ワームが仕掛けられているかもしれません。しかし、本パッケージの内
容を (tar コマンドで) 見ればマニュアルのファイルのみということが確認できま
すので、安心してインストールできます。
========================================================================
このマニュアルに関して、問題などありましたら、jpman プロジェクトではなく、私 宛 [email protected] 2-RELEASE 日本語マニュアル 7. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package は
ftp://ftp. 1 の修正」を行 った 日本語 groff を使用してください。
日本語 groff-1. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package は
ftp://ftp. 1-CURRENT-K “プライベート版 (小金丸が編集してまとめたもの)” でも 検索できます。 8. 2-RELEASE は jpman をベースとして、小金丸が編集追加したものです。 将来は jpman にマージされるかもしれません。 注 1)
cpio(1) 等のマニュアルは、マニュアルの本体は、”info cpio を参照” となって いるだけですので、日本語を解釈する人々には、意味がありません。 それで、info cpio を元にマニュアル cpio. 11-RELEASE の日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. Flp が増 えています。 フロッピーディスクを入れる順序としては、
     boot. Info(1) を作成し、それを翻訳し ました。他に diff. Info(1) があります。 注 2)
FreeBSD/pc98 用のマニュアル boot98cfg(8) と fdisk_98(8) (pc98 用の fdisk(8)) も含まれています。 これらのマニュアルは FreeBSD 日本語マニュアル検索 http://www. 1-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Iso の中の /boot/mfsroot. Flp
http://home. Tbz
にあります。 7. 0-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Flp
     → mfsroot1. Img の中の /boot/mfsroot. 1-RELEASE の環境がない人は、 オリジナルのインストーラで 9. Html の 8. Flp
http://home. 0-RELEASE 用のライブラリ名の追加 等を行っています。
日本語 groff-1. Tgz)、
make buildworld ; make buildkernel
を行ってから
cd /usr/src/release で
make release TARGET_ARCH=i386 TARGET=i386
を行ってください。
/usr/obj/usr/src/release に
メモリスティックイメージファイル memstick と CD イメージファイル release. Info(1) があります。 注 2)
FreeBSD/pc98 用のマニュアル boot98cfg(8) と fdisk_98(8) (pc98 用の fdisk(8)) も含まれています。 これらのマニュアルは FreeBSD 日本語マニュアル検索 http://www. Flp
mfsroot1. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package も用意しました。
ftp://ftp. 3-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 7. MD5
にあります。 ========================================================================
セキュリティについて: 一般的に FreeBSD の配布ファイルでない、第 3 者が作成
したパッケージを安易にインストール (pkg_add) するのは危険です。
ウィルス、ワームが仕掛けられているかもしれません。しかし、本パッケージの内
容を (tar コマンドで) 見ればマニュアルのファイルのみということが確認できま
すので、安心してインストールできます。
========================================================================
このマニュアルに関して、問題などありましたら、jpman プロジェクトではなく、私 宛 [email protected] Tbz
にあります。 これを pkg_add でインストールした後、/etc/manpath. Flp
http://home. 4-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD 5. 4-RELEASE-K “プライベート版 (小金丸が編集してまとめたもの)” でも 検索できます。 7. Sh memstick
のように使用します。書き込みが終了すれば、そのまま外します。 当然、9. 5-RELEASE 日本語マニュアル 5. Flp
     → boot. Org にお願いします。 ————————————————————————
o 日本語 groff について
日本語 groff を使用してマニュアルを表示する場合、 (ja-man-doc-8. Flp
になります。ちなみにオリジナルは
     boot. Flp
     → mfsroot1. Config に MANPATH_MAP /bin /usr/share/man/ja MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/man/ja を追加すれば、特に日本語 groff、日本語 man コマンドを追加しなくても日本語 マニュアルを表示できます。ただしページャとしては jless をインストールして いたほうがよいでしょう。 これらのファイルのチェックサムは
ftp://ftp. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Info(1) があります。 注 2)
FreeBSD/pc98 用のマニュアル boot98cfg(8) と fdisk_98(8) (pc98 用の fdisk(8)) も含まれています。 これらのマニュアルは FreeBSD 日本語マニュアル検索 http://www. MD5
にあります。 ========================================================================
セキュリティについて: 一般的に FreeBSD の配布ファイルでない、第 3 者が作成
したパッケージを安易にインストール (pkg_add) するのは危険です。
ウィルス、ワームが仕掛けられているかもしれません。しかし、本パッケージの内
容を (tar コマンドで) 見ればマニュアルのファイルのみということが確認できま
すので、安心してインストールできます。
========================================================================
このマニュアルに関して、問題などありましたら、jpman プロジェクトではなく、 私宛 [email protected] Gz を http://home. 11-RELEASE 日本語マニュアル その2 下記の 「4. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法と USB メモリステック用日本語 インストーラの作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 8. Tgz から ja-groff. Tbz
にあります。 これを pkg_add でインストールした後、/etc/manpath. 4-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Tbz
(現在ファイルが見つかりません)
にあります。 5. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
ISO-IMAGES にある 7. Flp →
     boot. Gz
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. *” でエンターを行うと “vi some. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. 2-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. Flp) = 89b995c1823531837267cc02810a7298
MD5 (make. Flp
http://home. 1-RELEASE 用のマニュアルの翻訳がすべて (未翻訳のものはありません) 完了しました。 この 8. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. 1-RELEASE 用の日本語インストーラです。 内部で、kon パッケージ (ja-kon2-16dot-0. 4-RELEASE は jpman をベースとして、小金丸が編集追加したものです。 将来は jpman にマージされるかもしれません。 注 1)
cpio(1) 等のマニュアルで、マニュアルの本体は、”info cpio を参照” となって いるだけですので、日本語を解釈する人々には、意味がありません。 それで、info cpio を元にマニュアル cpio. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 5. Gz を http://home. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 最小構成のインストールでは従来の base 配布ファイルの他に、kernels 配布ファイルが必要ですので、注意してください。 オリジナルのインストールフロッピーディスクは boot. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルのインストールフロッピーディスクは boot. Flp
http://home. 3-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 8. 1-RELEASE 日本語マニュアル 8. Flp
http://home. 1 の修正
古い日本語 groff を使用すると、「。、」の後ろに空白が空く、「) や ”」の 行末禁則処理がされずにマニュアルが表示されます。 7. 2-RELEASE に対応しています。 2003/11/10: ・前の版 mailx-4. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Gz
にあります。(現在アクセス不能) 6. Flp
http://home. Gz
に置いています。 それぞれのチェックサムは
CHECKSUM. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 インストールができることを確認しました。 オリジナルのインストールフロッピーディスクは boot. 3-RELEASE から日本語/英語の切り替えができるように復活しました。 日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは make. Flp) = dc03ff69b667100a92fb4896acf07e6d
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
bootflp. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
USB メモリステック用日本語インストーラのためのファイル
上記と同様に、
ISO-IMAGES にある 8. 3-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. Flp
http://home. Flp
http://home. 1-RELEASE では、マニュアルファイル自体を修正して、 この問題を解決していました。 8. 2-RELEASE の場合 base 配布ファイルを展開すると du コマンドで 118. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラ 6. Org にお願いします。 ————————————————————————
o 日本語 groff について
日本語 groff を使用してマニュアルを表示する場合、 (ja-man-doc-8. Flp
http://home. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 8. Gz を http://home. 7, groff_ms. Gz をダウンロードした後、 ファイルを展開してその中の README ファイルをお読みください。 上記のファイルは 4. 4-RELEASE 用の日本語インストーラです。 変更点 05/08/28: 「X-ユーザ」を選択してインストールすると インストールの途中に画面が真っ黒になる問題を修正。 boot. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
起動テストのみ行いました。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Flp が増えていますので注意してください。 フロッピーディスクを入れる順序としては、
     boot. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルでは、もはやインストールフロッピーディスクはサポートされていません。 日本語インストーラのフロッピーディスクを入れる順序は、
     boot. Flp →
     boot. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
起動テストのみ行いました。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルでは、もはやインストールフロッピーディスクはサポートされていません。 日本語インストーラのフロッピーディスクを入れる順序は、
     boot. 2-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. 4-RELEASE 用のマニュアルの翻訳がすべて (未翻訳のものはありません) 完了しました。 この 6. 0-RELEASE でもソースの修正がありませんので、 そのまま使用できます。 9. Sh
(現在アクセス不能)
が便利です、USB メモリ を PC に差し込んだ後に、DDMEM. Gz を http://home. Tgz から ja-groff. Iso の中の /boot/mfsroot. Org にお願いします。 ————————————————————————
o 日本語 groff について
日本語 groff を使用してマニュアルを表示する場合、 (ja-man-doc-8. Tbz
にあります。 これを pkg_add でインストールした後、/etc/manpath. 0-RELEASE 用のライブラリ名の追加 等を行っています。
日本語 groff-1. Tbz
にあります。 これを pkg_add でインストールした後、/etc/manpath. Iso の中の /boot/mfsroot. Dq で生成される “xxxxx” が行末禁則処理されていませんでした。
その他を修正しました。 2009/04/07: 日本語の「、。」の後に英数字が続くと「、。」の後で改行できないという 問題を修正しました。ja-groff. 2-RELEASE 日本語マニュアル 8. Tgz)、
make buildworld ; make buildkernel
を行ってから
cd /usr/src/release で
make release TARGET_ARCH=i386 TARGET=i386 NODOC=YES NOPORTS=YES
を行ってください。
CPU が複数ある PC では、make -j 2 buildworld ; make -j 2 buildkernel を行えば、より速く実行できます。
/usr/obj/usr/src/release に
メモリスティックイメージファイル memstick と CD イメージファイル release. Tbz
にあります。 これを pkg_add でインストールした後、/etc/manpath. Gz
(現在アクセス不能)
FreeBSD Mail コマンドの mailx 拡張パッチ 変更点 2011/04/10: ・FreeBSD 4. Config に MANPATH_MAP /bin /usr/share/man/ja MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/man/ja を追加すれば、特に日本語 groff、日本語 man コマンドを追加しなくても日本語 マニュアルを表示できます。ただしページャとしては jless をインストールして いたほうがよいでしょう。 以前の版をインストールしている場合は、pkg_delete で削除するか、 pkg_add に -f オプションを付けて実行すればインストールできます。 これらのファイルのチェックサムは
ftp://ftp. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. Gz をダウンロードしてください。 説明書は同様にファイル中 README にあります。 限定された(restricted) bin 配布ファイル作成ツール 変更点 08/05/06: 6. 4-RELEASE は jpman をベースとして、小金丸が編集追加したものです。 将来は jpman にマージされるかもしれません。 注 1)
cpio(1) 等のマニュアルは、マニュアルの本体は、”info cpio を参照” となって いるだけですので、日本語を解釈する人々には、意味がありません。 それで、info cpio を元にマニュアル cpio. Iso の中の /boot/mfsroot. Gz | patch -p0 パッチファイルは、
http://home. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 7. 2-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 7. Info(1) があります。 注 2)
FreeBSD/pc98 用のマニュアル boot98cfg(8) と fdisk_98(8) (pc98 用の fdisk(8)) も含まれています。 これらのマニュアルは FreeBSD 日本語マニュアル検索 http://www. 2-RELEASE 日本語マニュアル 6. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package は
ftp://ftp. Html の 8. 1-RELEASE では、マニュアルファイル自体を修正して、 この問題を解決していました。 7. Flp が増えています。

フロッピーディスクを入れる順序としては、
     boot. Sh
(現在アクセス不能)
が便利です、USB メモリ を PC に差し込んだ後に、DDMEM. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package は
ftp://ftp. Tbz
–> http://home. Flp
kern2. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package も用意しました。
ftp://ftp. Flp
http://home. 3-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. MD5
にあります。 ========================================================================
セキュリティについて: 一般的に FreeBSD の配布ファイルでない、第 3 者が作成
したパッケージを安易にインストール (pkg_add) するのは危険です。
ウィルス、ワームが仕掛けられているかもしれません。しかし、本パッケージの内
容を (tar コマンドで) 見ればマニュアルのファイルのみということが確認できま
すので、安心してインストールできます。
========================================================================
このマニュアルに関して、問題などありましたら、jpman プロジェクトではなく、私 宛 [email protected] 278M バイトになりますが、BASE_RM_FILES で指定されたファイルを削 除すると 67. 3-RELEASE から日本語/英語の切り替えができるように復活しました。 日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは make. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. 2-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. 3-RELEASE 日本語マニュアル 6. 1 の修正」を行 った 日本語 groff を使用してください。8. MD5
にあります。 (現在アクセス不能)
make release は、昔と違って現在の普通の PC では、30 分ほどで終ります。
make buildworld は、約 3 時間ほどかかります。
make buildkernel は、30 分ほどかかります。
USB メモリ (メモリステック) の書き込みは、
http://home. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 6. Gz
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. 4-RELEASE 用は:
ftp://ftp. 3-RELEASE-K “プライベート版 (小金丸が編集してまとめたもの)” でも 検索できます。 8. Tgz で対応しています。 2009/04/07: 日本語 groff の ports のポートリビジョンが 10 から 11 に 変更されたことによる修正。 パッチファイルを ja-groff. Flp
mfsroot1. 5-RELEASE 用の日本語インストーラです。 boot. MD5
にあります。 ========================================================================
セキュリティについて: 一般的に FreeBSD の配布ファイルでない、第 3 者が作成
したパッケージを安易にインストール (pkg_add) するのは危険です。
ウィルス、ワームが仕掛けられているかもしれません。しかし、本パッケージの内
容を (tar コマンドで) 見ればマニュアルのファイルのみということが確認できま
すので、安心してインストールできます。
========================================================================
このマニュアルに関して、問題などありましたら、jpman プロジェクトではなく、 私宛 [email protected] Iso の中の /boot/mfsroot. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルでは、もはやインストールフロッピーディスクはサポートされていません。 日本語インストーラのフロッピーディスクを入れる順序は、
     boot. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. Gz) = bc650159574c865683e0c72b5d1aa136
MD5 (mfsroot1. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法と USB メモリステック用日本語 インストーラの作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 8. Flp
http://home. 1-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. 8-RELEASE で出来ていた日本語/英語の切り替えが、それ以降出来なくなりま したが、5. Flp
http://home. 3-RELEASE 用のマニュアルの翻訳がすべて (未翻訳のものはありません) 完了しました。 この 8. 2-RELEASE 用は:
ftp://ftp. 4-RELEASE 日本語マニュアル 変更点 ———————————————————————— 2009/02/16: 2008/12/01 作成のマニュアル、ja-man-doc-6. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. Flp
http://home. Tbz
にあります。 4. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 5. 2-RELEASE まで) と異なり、FD (フロッピーディスク) からのインストールは、サポートされていません。 メモリステックと呼ばれる USB メモリか、CD からのインストールだけです。 大容量のメモリステックイメージと CD イメージを置く場所があればよいのですが、 現在、準備できません。 バイナリイメージをリリースされている、メモリステックに追加する方法も あるのですが、メモリステックのファイルシステムは、ギリギリの容量で 作成されており、空の領域がありません。それで、 ソースファイルの変更部分を提供し、自分でインストーラを作成してもらう 方法しかありません。 次の tar ファイルを取り出し、/usr/src で展開して (tar -xvzf. Config に MANPATH_MAP /bin /usr/share/man/ja MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/man/ja を追加すれば、特に日本語 groff、日本語 man コマンドを追加しなくても日本語 マニュアルを表示できます。ただしページャとしては jless をインストールして いたほうがよいでしょう。 これらのファイルのチェックサムは
ftp://ftp. Html の 7. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 7. Flp) = f7d9ed36e0b2e1420a4de3c1da34e450
MD5 (bootflp. 4-RELEASE 日本語マニュアル その 3 5. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 8. Flp
kern2. Jp にご報告ください。
日本語インストーラ 9. Flp
http://home. Flp
http://home. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法と USB メモリステック用日本語 インストーラの作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 8. 3-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Sh に誤りがあり、これを修正しました。 ———————————————————————— 日本語インストーラでアップグレードインストールした後に、mergemaster を行 わなければなりませんが、初心者には英語で対応するのは少し心配です。 mergemaster を日本語化しましたので、紹介します。 mergemaster はシェル手続きで作成されており、セキュリティ的にはオリジナルと 比較することで安全であることが確認できます。 5. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. Tbz を pkg_add して使用する場合) 従来の 7. 1-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. C” と展開して表示した後一旦停止 します。そして、この行を再び編集することもできます。これはちょうど ヒストリーに :p を付けた働きと同じです。 % more some. 3-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Tbz) を使用しています。 (展開するソースファイルに含まれています。) 9. Flp
http://home. Flp
http://home. 1 自体のパッチとともに、修正する場合は、 次に説明があるパッチを実行するか、
日本語 groff-1. 4-RELEASE 用も作成しました。 tcsh. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールできることを確認しました。 日本語インストーラのフロッピーディスクを入れる順序は、
     boot. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package は
ftp://ftp. 3-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. 4-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. Flp
http://home. Gz を http://home. Flp
     → boot. 4-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Gz を http://home. 0-RELEASE 日本語マニュアル 8. Flp
http://home. Tbz) は、長い間メンテナンスされていません。 したがって、マニュアルを表示する際に必要となる、ライブラリ名等が登録されて いないためにエラーとなります。
日本語 groff-1. Flp
になります。ちなみにオリジナルは
     boot. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. 0-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. 3-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 6. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package も用意しました。
ftp://ftp. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package は
ftp://ftp. Flp
になります。ちなみにオリジナルは
     boot. 4-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. Flp
CHECKSUM. Tgz
(現在アクセス不能)
チェックサムは、
http://home. 708M バイトが削減できます。 インストールには作成した base 配布ファイルを標準の base 配布ファイルと置き換えてインストールします。 標準のインストーラや前述の日本語インストーラなどでもでインストールできます。 作成方法は RBIN. 2-20120414-K “プライベート版 (小金丸が編集してまとめたもの)” でも 検索できます。 8. Tbz
(現在ファイルが見つかりません)
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package は
ftp://ftp. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. Img の中の /boot/mfsroot. Org にお願いします。 ————————————————————————
o 日本語 groff の man 関係ファイルの修正
日本語 groff (ja-groff-1. Flp が増 えています。 フロッピーディスクを入れる順序としては、
     boot. Flp
になります。ちなみにオリジナルは
     boot. Tbz として再作成しました。 ———————————————————————— 6. 1 の修正
古い日本語 groff を使用すると、「。、」の後ろに空白が空く、「) や ”」の 行末禁則処理がされずにマニュアルが表示されます。 7. 4-RELEASE 用のマニュアルの翻訳がすべて (未翻訳のものはありません) 完了しました。 この 7. MD5
にあります。 (現在アクセス不能)
インストーラが起動することだけ、確認しましたが。 実際のインストールはまだ、行っていません。 USB メモリ (メモリステック) の書き込みは、
http://home. Gz を http://home. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 7. Flp
http://home. 1 の修正 その7 変更点 ———————————————————————— 2008/12/31: 最初の版 ja-groff. 2-RELEASE まで) と異なり、FD (フロッピーディスク) からのインストールは、サポートされていません。 メモリステックと呼ばれる USB メモリか、CD からのインストールだけです。 大容量のメモリステックイメージと CD イメージを置く場所があればよいのですが、 現在、準備できません。 バイナリイメージをリリースされている、メモリステックに追加する方法も あるのですが、メモリステックのファイルシステムは、ギリギリの容量で 作成されており、空の領域がありません。それで、 ソースファイルの変更部分を提供し、自分でインストーラを作成してもらう 方法しかありません。 次の tar ファイルを取り出し、/usr/src で展開して (tar -xvzf. Flp →
     boot. Flp
http://home. Flp
http://home. 1-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Tbz) を使用しています。 (展開するソースファイルに含まれています。) 9. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. 0-RELEASE から csup または cvsup 等でソースを取得し
make buildworld ; make installworld
make buildkernel ; make installkernel
を行ってください。
媒体ができれは、それで 9. Flp
http://home. * % vi some. 1 の修正
または、groff プログラムの変更はせずに、マニュアル関係のファイルのみ、 修正する場合は、次のパッチを /usr/local/share で、実行してください。 # cd /usr/local/share # zcat ja-groff. 2-RELEASE 用のマニュアルの翻訳がすべて (未翻訳のものはありません) 完了しました。 この 8. Flp
http://home. Flp
です。 4. Flp
http://home. *:p % vi some. Img の中の /boot/mfsroot. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
USB メモリステック用日本語インストーラのためのファイル
上記と同様に、
ISO-IMAGES にある 8. 0-RELEASE 用の日本語インストーラです。 変更点 ———————————————————————— 09/12/27: インストールフロッピーディスクイメージファイルの説明に
kern4. Iso が作成されます。 http://home. 0-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
USB メモリステック用日本語インストーラのためのファイル
上記と同様に、
ISO-IMAGES にある 8. 1-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 8. Flp
http://home. 11-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD 4. 3-RELEASE 日本語マニュアル 7. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. Tgz
(現在ファイルが見つかりません)
にあります。 これを pkg_add でインストールした後、/etc/manpath. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
アップグレードインストールができることを確認しました。 日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Tbz
にあります。 7. Gz には入力した Subject: が失われるというバグがありました。 こちらの版をお使いください。 ・From: や Subject: に(^[等の)制御文字や 8 ビット文字が使われていれば、 ^シーケンスの文字や xXX の形式で表示するようにしました。 これにより spam で送られきたメールによって画面が乱される ことを回避できます。 SYSTEM V UNIX の mailx コマンドはバークレー版の Mail を改造して作られたのですが、 バークレー版の Mail にない、種々の機能が拡張されています。 本パッチはバークレー版の Mail コマンドを SYSV の mailx 同様に機能を拡張するものです。
使用法は mailx-8. Tgz には、 いくつかの修正もれがありました。. Iso の中の /boot/mfsroot. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package は
ftp://ftp. Flp
http://home. Iso の中の /boot/mfsroot. Html の 8. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Flp
kern1. Tgz に変更しました。 tmac ファイルを tmac-20090105. 1 の修正
古い日本語 groff を使用すると、「。、」の後ろに空白が空く、「) や ”」の 行末禁則処理がされずにマニュアルが表示されます。 7. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 8. 12 で 使用できますが、特別に 5. Gz) = 694391248ca8a7dc24388209a0970e13
MD5 (kern1. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
bootflp. Tgz
(現在ファイルが見つかりません)
にあります。 日本語 catpages マニュアルの package は
ftp://ftp. Flp
     → mfsroot1. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package は
ftp://ftp. Info(1) を作成し、それを翻訳し ました。他に diff. 8-RELEASE では日本語/英語の切り替えができましたが、これは日本語のみ となっています。 最初の版では、カーネルサイズが FD に入り切らずに、amr ドライバ を削除していましたが、新しい版では amr ドライバも含まれ、オリジナルの インストールフロッピーディスクと同様のドライバをサポートしました。 アップグレードインストールできることを確認しました。 変更点 05/01/31: 最初の版では削除していた amr ドライバ を含めました。 またインストールフロッピーディスクに含まれている文書の 1 部に古いものが ありましたが、これを置き換えました。 05/02/07: 機能的にはほとんど変更ありませんが、 一部ソースファイル (パッチファイルも) を変更しました。 kern. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 106 日本語キーボードだけでなく、それ以外のキーボードでもインストールで きるように、キーボードのマップを設定できるように変更しました。 オリジナルのインストールフロッピーディスクは boot. Flp が増えています。

フロッピーディスクを入れる順序としては、
     boot. Gz を http://home. 1-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 9. 0-RELEASE 用のライブラリ名の追加 等を行っています。
日本語 groff-1. Gz
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. Gz を http://home. Flp) = 7c0da54fe8bb431bff4fcb32bf811a0e
MD5 (kern2. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルのインストールフロッピーディスクは boot. 4-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 6. Flp が増 えています。 6. Flp
http://home. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. 5-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. Flp
http://home. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 7. Kbd にしました。 日本語化されていない画面があります。 日本語インストーラ 9. Iso の中の /boot/mfsroot. 8 の一部の表示に原文と異なる 部分がありました。ja-man-doc-6. Tbz
にあります。 6. MD5
(現在アクセス不能)
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは以下のファイルにあります。 tar ファイルを展開後 README. Flp
http://home. 11-RELEASE など、ほとんどの tcsh 6. Flp
http://home. Sh memstick
のように使用します。書き込みが終了すれば、そのまま外します。 日本語インストーラ 8. Tbz には、f77. Flp
http://home. 4-RELEASE 用は:
ftp://ftp. 1 の修正」を行 った 日本語 groff を使用してください。8. Flp を記述し忘れ、 追加した。 ———————————————————————— http://home. Flp
CHECKSUM. AT ファイルをお読みください。
make. Flp
です。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 6. Tbz
にあります。 5. Sh にあります。 FreeBSD/pc98 ではコンソールでも使用できますが、AT 互換機の場合は kon を 実行してコンソールで使用するか、X Window の kterm で実行してください。 ページャに標準の less や more を使用すると、一部分文字化けしますので、 jless をインストールしておいたほうがよいでしょう。 . Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
起動テストは行いました。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. MD5
(現在アクセス不能)
新しいチェックサムは次のようになります。
MD5 (boot. Flp
http://home. Tbz を pkg_add して使用する場合) 従来の 7. Flp
http://home. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 8. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
ISO-IMAGES にある 8. Gz から tmac-20090815. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. 4-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. Info(1) を作成し、それを翻訳し ました。他に diff. 5-RELEASE 用は:
ftp://ftp. 4-RELEASE 日本語マニュアル 7. * を行うと tcsh の場合は、即 vi が実行されますが、newcsh の場合はつぎのようになります。 % more some. 1-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. Tbz を pkg_add して使用する場合) 従来の 7. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. 3-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. Config に MANPATH_MAP /bin /usr/share/man/ja MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/man/ja を追加すれば、特に日本語 groff、日本語 man コマンドを追加しなくても日本語 マニュアルを表示できます。ただしページャとしては jless をインストールして いたほうがよいでしょう。 以前の版をインストールしている場合は、pkg_delete で削除するか、 pkg_add に -f オプションを付けて実行すればインストールできます。 これらのファイルのチェックサムは
ftp://ftp. Info(1) を作成し、それを翻訳しました。 他に diff. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package も用意しました。
ftp://ftp. C 私は tcsh を使い始めて、ヒストリー後の停止がないため、戸惑いました。 それで、tcsh にこの機能を追加しました。シェル変数 pausehist が設定 されていれば、この機能が働きます。設定されていなければ、普通の tcsh と同じになります。 % set pausehist # 普通. 3-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Org にお願いします。 ————————————————————————
o 日本語 groff について
日本語 groff を使用してマニュアルを表示する場合、 (ja-man-doc-7. 2-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 8. Tgz に変更しました。 2009/08/15: 8. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラ 4. Flp
http://home. 4-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. 1 の修正」を行 った 日本語 groff を使用してください。8. Flp
http://home. Tcshrc に設定します。 ヒストリー展開後、即実行する場合にエンターを二度打ちしなけらばなり ませんが、キー位置が同じですから、なれれば、特に不便ではないと思い ます。
使用法は tcsh. Gz
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package は
ftp://ftp. Info(1) があります。 注 2)
FreeBSD/pc98 用のマニュアル boot98cfg(8) と fdisk_98(8) (pc98 用の fdisk(8)) も含まれています。 これらのマニュアルは FreeBSD 日本語マニュアル検索 http://www. 2-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Tgz
です。 /usr/ports/japanese/groff でファイルを展開します。 改良点は、次に説明しています。 README
日本語インストーラ 日本語のインストーラとしては、多言語インストーラがよく知られていますが、 FreeBSB/pc98 用の日本語インストーラを改造して、 FreeBSD/i386 (AT 互換機) にインストールできる、 日本語インストーラを作成しました。問題などありましたら [email protected] 1-RELEASE 日本語マニュアル X. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
日本語インストーラ 7. 3-RELEASE は jpman をベースとして、小金丸が編集追加したものです。 将来は jpman にマージされるかもしれません。 注 1)
cpio(1) 等のマニュアルは、マニュアルの本体は、”info cpio を参照” となって いるだけですので、日本語を解釈する人々には、意味がありません。 それで、info cpio を元にマニュアル cpio. Flp →
     boot. 2-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. 1-RELEASE では、マニュアルファイル自体を修正して、 この問題を解決していました。 8. 0-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Flp
http://home. 11-RELEASE 用の日本語インストーラです。 4. 4-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 8. Gz を http://home. 3-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. Iso の中の /boot/mfsroot. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. Config に MANPATH_MAP /bin /usr/share/man/ja MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/man/ja を追加すれば、特に日本語 groff、日本語 man コマンドを追加しなくても日本語 マニュアルを表示できます。ただしページャとしては jless をインストールして いたほうがよいでしょう。 これらのファイルのチェックサムは
ftp://ftp. Flp
mfsroot. Gz をダウンロードした後、 ファイルを展開してその中の README ファイルをお読みください。 TCSH の拡張 (ヒストリー展開後の一旦停止) みなさんは newcsh というものをご存知でしょうか。csh をベースにパッ チを当てて作成するもので、csh の機能に加えてコマンドラインを修正で きるようになっています。それでは tcsh と同じではないかと思われるで しょう。その通りで、tcsh が出現すると newcsh はいつのまにか消え失 せて tcsh にとって変わられました。しかし newcsh には tcsh にない機 能があります。それは、ヒトリー展開が起こると展開後のコマンドを表示 して一旦停止するというものです。例えば % more some. Tbz
にあります。 7. 4-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 7. 1-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Gz のチェックサムも CHECKSUM. Gz を http://home. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. 2R 用に変更しました。 ・FreeBSD 8. 2-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. 0-RELEASE 用の日本語インストーラです。 内部で、kon パッケージ (ja-kon2-16dot-0. 1-RELEASE 日本語マニュアル 6. 2-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. 1-RELEASE は jpman をベースとして、小金丸が編集追加したものです。 将来は jpman にマージされるかもしれません。 注 1)
cpio(1) 等のマニュアルは、マニュアルの本体は、”info cpio を参照” となって いるだけですので、日本語を解釈する人々には、意味がありません。 それで、info cpio を元にマニュアル cpio. Gz に変更しました。 ———————————————————————— 修正された日本語 groff を作成する方法は、次の通りです。
README
必要なファイルは、
ja-groff. 4-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. 9R 用から FreeBSD 8. Iso の中の /boot/mfsroot. 0-RELEASE で追加されたライブラリ名等に関する修正。 パッチファイルを ja-groff. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package も用意しました。
ftp://ftp. Gz を http://home. Gz
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. 1-RELEASE をインストールできるようになります。
インストーラが起動することだけ、確認しましたが。 実際のインストールはまだ、行っていません。 tzsetup は、日本語化されています。
日本語でキーボードを選択することができず、デフォルトで jp. Gz を http://home. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. 5-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD 5. 8-RELEASE で出来ていた日本語/英語の切り替えが、それ以降出来なくなりま したが、5. Flp
kern1. Config に MANPATH_MAP /bin /usr/share/man/ja MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/man/ja を追加すれば、特に日本語 groff、日本語 man コマンドを追加しなくても日本語 マニュアルを表示できます。ただしページャとしては jless をインストールして いたほうがよいでしょう。 本日本語マニュアルに含まれていないファイルは man1 の perl 関連のコマンドのファイル 60 個のみです。 これらも引続き翻訳を行っています。 日本語 groff-1. 0-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 9. Flp
http://home. Flp
http://home. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. 11-RELEASE 日本語マニュアル」 を更新しました。 man 4 を 100% 作成しました。 新しい 4. 1-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Tbz
にあります。 6. Tgz には、致命的な誤りがありました。
これを修正しました。 内容、インストール方法等の説明は、ほとんど同じです。 2009/01/06: 日本語 groff-1. 0-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 8. 1 の修正
古い日本語 groff を使用すると、「。、」の後ろに空白が空く、「) や ”」の 行末禁則処理がされずにマニュアルが表示されます。 7. Html の 6. Flp
http://home. Iso が作成されます。 http://home. X-RELEASE 対応に修正した。 Linux には色々なディストリビューションがあります。FreeBSD は単一の ディストリビューションが特徴の一つでもありますが、FreeBSD が使われる場面は 個々の環境によって異なっています。例えば、ファイアウォールや Web サーバーを動かしている環境では、C コンパイラやアセンブラ、ローダーは不要です。 そして、クラッカーに侵入された場合、それらのコマンドがあるほうが セキュリティ上より危険になります。 標準の FreeBSD 配布ファイルからプログラム開発用のコマンドを削除して、 新しい base 配布ファイルを作成できるツールを作成しました。 これにより、base 配布ファイルの容量が少なくなり、容量が少ない HDD (ハードディスク) にインストールすることも可能になります。 6. Flp
です。 4. 4-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. Flp
http://home.

Flp
http://home. Flp
mfsroot1. Gz
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. Iso の中の /boot/mfsroot. 0-RELEASE 用の日本語インストーラです。 内部で、kon パッケージ (ja-kon2-16dot-0. Tgz に変更しました。 tmac ファイルを tmac-20090105. Iso の中の /boot/mfsroot. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 8. 3-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Iso の中の /boot/mfsroot. Flp
     → mfsroot1. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルのインストールフロッピーディスクは boot. Flp
http://home. Flp →
     boot. 4-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD 5. Gz) = 694391248ca8a7dc24388209a0970e13
MD5 (kern1. Tgz
です。 /usr/ports/japanese/groff でファイルを展開します。 改良点は、次に説明しています。 README
日本語インストーラ 日本語のインストーラとしては、多言語インストーラがよく知られていますが、 FreeBSB/pc98 用の日本語インストーラを改造して、 FreeBSD/i386 (AT 互換機) にインストールできる、 日本語インストーラを作成しました。問題などありましたら [email protected] 4-RELEASE 用は:
ftp://ftp. 2-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Flp
になります。ちなみにオリジナルは
     boot. Gz を http://home. Gz から tmac-20090815. Gz をダウンロードした後、 ファイルを展開してその中の README ファイルをお読みください。 日本語 mergemaster 変更点 ———————————————————————— 2010/02/12: 7. Gz
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. Sh
(現在アクセス不能)
が便利です、USB メモリ を PC に差し込んだ後に、DDMEM. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. Flp
http://home. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
ISO-IMAGES にある 8. Kbd にしました。 日本語化されていない画面があります。 日本語インストーラ 9. Flp
http://home. 8-RELEASE では日本語/英語の切り替えができましたが、これは日本語のみ となっています。 最初の版では、カーネルサイズが FD に入り切らずに、amr ドライバ を削除していましたが、新しい版では amr ドライバも含まれ、オリジナルの インストールフロッピーディスクと同様のドライバをサポートしました。 アップグレードインストールできることを確認しました。 変更点 05/01/31: 最初の版では削除していた amr ドライバ を含めました。 またインストールフロッピーディスクに含まれている文書の 1 部に古いものが ありましたが、これを置き換えました。 05/02/07: 機能的にはほとんど変更ありませんが、 一部ソースファイル (パッチファイルも) を変更しました。 kern. Flp) = 7c0da54fe8bb431bff4fcb32bf811a0e
MD5 (kern2. 0-RELEASE から csup または cvsup 等でソースを取得し
make buildworld ; make installworld
make buildkernel ; make installkernel
を行ってください。
媒体ができれは、それで 9. Flp
http://home. Flp
kern1. Gz をダウンロードした後、 ファイルを展開してその中の README ファイルをお読みください。 TCSH の拡張 (ヒストリー展開後の一旦停止) みなさんは newcsh というものをご存知でしょうか。csh をベースにパッ チを当てて作成するもので、csh の機能に加えてコマンドラインを修正で きるようになっています。それでは tcsh と同じではないかと思われるで しょう。その通りで、tcsh が出現すると newcsh はいつのまにか消え失 せて tcsh にとって変わられました。しかし newcsh には tcsh にない機 能があります。それは、ヒトリー展開が起こると展開後のコマンドを表示 して一旦停止するというものです。例えば % more some. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Flp
http://home. Flp を記述し忘れ、 追加した。 ———————————————————————— http://home. Flp
http://home. 1-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. Flp
になります。ちなみにオリジナルは
     boot. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Gz を http://home. 11-RELEASE の日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. Tgz
(現在アクセス不能)
チェックサムは、
http://home. 11-RELEASE 日本語マニュアル」 を更新しました。 man 4 を 100% 作成しました。 新しい 4. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. Flp
http://home. 1-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Flp
http://home. 4-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 7. Tgz
(現在ファイルが見つかりません)
にあります。 これを pkg_add でインストールした後、/etc/manpath. 8-RELEASE で出来ていた日本語/英語の切り替えが、それ以降出来なくなりま したが、5. 0-RELEASE 用は:
ftp://ftp. *” でエンターを行うと “vi some. Flp
http://home. Flp
http://home. 2-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Flp
kern1. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Flp
になります。ちなみにオリジナルは
     boot. Gz
に置いています。 それぞれのチェックサムは
CHECKSUM. MD5
(現在アクセス不能)
新しいチェックサムは次のようになります。
MD5 (boot. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. Flp
になります。ちなみにオリジナルは
     boot. 2-RELEASE まで) と異なり、FD (フロッピーディスク) からのインストールは、サポートされていません。 メモリステックと呼ばれる USB メモリか、CD からのインストールだけです。 大容量のメモリステックイメージと CD イメージを置く場所があればよいのですが、 現在、準備できません。 バイナリイメージをリリースされている、メモリステックに追加する方法も あるのですが、メモリステックのファイルシステムは、ギリギリの容量で 作成されており、空の領域がありません。それで、 ソースファイルの変更部分を提供し、自分でインストーラを作成してもらう 方法しかありません。 次の tar ファイルを取り出し、/usr/src で展開して (tar -xvzf. 278M バイトになりますが、BASE_RM_FILES で指定されたファイルを削 除すると 67. 3-RELEASE から日本語/英語の切り替えができるように復活しました。 日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは make. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法と USB メモリステック用日本語 インストーラの作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 8. 1-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Flp) = f7d9ed36e0b2e1420a4de3c1da34e450
MD5 (bootflp. Flp
http://home. Flp
です。 4. Tgz から ja-groff. Flp
     → mfsroot1. Gz を http://home. Flp) = dc03ff69b667100a92fb4896acf07e6d
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
bootflp. Gz) = bc650159574c865683e0c72b5d1aa136
MD5 (mfsroot1. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 8. Sh にあります。 FreeBSD/pc98 ではコンソールでも使用できますが、AT 互換機の場合は kon を 実行してコンソールで使用するか、X Window の kterm で実行してください。 ページャに標準の less や more を使用すると、一部分文字化けしますので、 jless をインストールしておいたほうがよいでしょう。 . 3-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Flp
CHECKSUM. Flp
http://home. Flp
http://home. Flp
です。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 6. 1 の修正 その7 変更点 ———————————————————————— 2008/12/31: 最初の版 ja-groff. Gz を http://home. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
bootflp. Gz を http://home. Tbz) を使用しています。 (展開するソースファイルに含まれています。) 9. *:p % vi some. Flp
http://home. 1-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. Flp
http://home. Flp
http://home. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. Iso の中の /boot/mfsroot. Gz を http://home. Flp
です。 4. 4-RELEASE 日本語マニュアル その 3 5. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
日本語インストーラ 7. Flp
http://home. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
アップグレードインストールができることを確認しました。 日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Flp
     → mfsroot1. Flp
kern2. 4-RELEASE 用は:
ftp://ftp. 0-RELEASE で追加されたライブラリ名等に関する修正。 パッチファイルを ja-groff. Gz
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. Iso が作成されます。 http://home. Flp
kern2. Flp が増 えています。 6. Flp
http://home. 4-RELEASE 用も作成しました。 tcsh. 0-RELEASE でもソースの修正がありませんので、 そのまま使用できます。 9. Flp
http://home. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 5. Config に MANPATH_MAP /bin /usr/share/man/ja MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/man/ja を追加すれば、特に日本語 groff、日本語 man コマンドを追加しなくても日本語 マニュアルを表示できます。ただしページャとしては jless をインストールして いたほうがよいでしょう。 本日本語マニュアルに含まれていないファイルは man1 の perl 関連のコマンドのファイル 60 個のみです。 これらも引続き翻訳を行っています。 日本語 groff-1. Gz を http://home. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 6. * を行うと tcsh の場合は、即 vi が実行されますが、newcsh の場合はつぎのようになります。 % more some. Gz をダウンロードしてください。 説明書は同様にファイル中 README にあります。 限定された(restricted) bin 配布ファイル作成ツール 変更点 08/05/06: 6. 5-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Flp
http://home. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
USB メモリステック用日本語インストーラのためのファイル
上記と同様に、
ISO-IMAGES にある 8. Gz
(現在アクセス不能)
FreeBSD Mail コマンドの mailx 拡張パッチ 変更点 2011/04/10: ・FreeBSD 4. Flp
http://home. Iso の中の /boot/mfsroot. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. 2R 用に変更しました。 ・FreeBSD 8. Gz のチェックサムも CHECKSUM. 5-RELEASE 用の日本語インストーラです。 boot. Tgz
(現在ファイルが見つかりません)
にあります。 日本語 catpages マニュアルの package は
ftp://ftp. Gz を http://home. Flp
http://home. Tgz から ja-groff. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. 9R 用から FreeBSD 8. 0-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 9. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. MD5
にあります。 (現在アクセス不能)
make release は、昔と違って現在の普通の PC では、30 分ほどで終ります。
make buildworld は、約 3 時間ほどかかります。
make buildkernel は、30 分ほどかかります。
USB メモリ (メモリステック) の書き込みは、
http://home. Flp
http://home. 2-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 8. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
ISO-IMAGES にある 7. 4-RELEASE 用の日本語インストーラです。 変更点 05/08/28: 「X-ユーザ」を選択してインストールすると インストールの途中に画面が真っ黒になる問題を修正。 boot. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 8. Gz
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. 0-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 8. Flp
http://home. 11-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD 4. Flp
http://home. Sh
(現在アクセス不能)
が便利です、USB メモリ を PC に差し込んだ後に、DDMEM. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 8. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 インストールができることを確認しました。 オリジナルのインストールフロッピーディスクは boot. 1-RELEASE 用の日本語インストーラです。 内部で、kon パッケージ (ja-kon2-16dot-0. 708M バイトが削減できます。 インストールには作成した base 配布ファイルを標準の base 配布ファイルと置き換えてインストールします。 標準のインストーラや前述の日本語インストーラなどでもでインストールできます。 作成方法は RBIN. 5-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD 5. Flp が増 えています。 フロッピーディスクを入れる順序としては、
     boot. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルでは、もはやインストールフロッピーディスクはサポートされていません。 日本語インストーラのフロッピーディスクを入れる順序は、
     boot. 0-RELEASE 用の日本語インストーラです。 変更点 ———————————————————————— 09/12/27: インストールフロッピーディスクイメージファイルの説明に
kern4. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. 1-RELEASE をインストールできるようになります。
インストーラが起動することだけ、確認しましたが。 実際のインストールはまだ、行っていません。 tzsetup は、日本語化されています。
日本語でキーボードを選択することができず、デフォルトで jp. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
USB メモリステック用日本語インストーラのためのファイル
上記と同様に、
ISO-IMAGES にある 8. 3-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 8. 3-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. Flp
http://home. 3-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラ 4. 4-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 8. Flp →
     boot. Flp
http://home. Flp
http://home. Sh memstick
のように使用します。書き込みが終了すれば、そのまま外します。 当然、9. 0-RELEASE 用は:
ftp://ftp. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 最小構成のインストールでは従来の base 配布ファイルの他に、kernels 配布ファイルが必要ですので、注意してください。 オリジナルのインストールフロッピーディスクは boot. Jp にご報告ください。
日本語インストーラ 9. Flp
mfsroot1. MD5
(現在アクセス不能)
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは以下のファイルにあります。 tar ファイルを展開後 README. Flp
http://home. Flp) = 89b995c1823531837267cc02810a7298
MD5 (make. Gz に変更しました。 ———————————————————————— 修正された日本語 groff を作成する方法は、次の通りです。
README
必要なファイルは、
ja-groff. Flp が増えていますので注意してください。 フロッピーディスクを入れる順序としては、
     boot. Tbz) を使用しています。 (展開するソースファイルに含まれています。) 9. Tgz)、
make buildworld ; make buildkernel
を行ってから
cd /usr/src/release で
make release TARGET_ARCH=i386 TARGET=i386
を行ってください。
/usr/obj/usr/src/release に
メモリスティックイメージファイル memstick と CD イメージファイル release. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. Tgz で対応しています。 2009/04/07: 日本語 groff の ports のポートリビジョンが 10 から 11 に 変更されたことによる修正。 パッチファイルを ja-groff. 1-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 9. Flp
http://home. 1-RELEASE の環境がない人は、 オリジナルのインストーラで 9. Tbz
にあります。 FreeBSD 配布ファイルの catpages 形式の package は
ftp://ftp. Tgz と 日本語 groff の man 関係ファイルの修正 (ライブラリ名等) を マージして同時に作成できるように変更しました。 2009/01/09: ja-groff. Iso の中の /boot/mfsroot. Flp
http://home. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 USB メモリステック用でアップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルでは、もはやインストールフロッピーディスクはサポートされていません。 日本語インストーラのフロッピーディスクを入れる順序は、
     boot. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 106 日本語キーボードだけでなく、それ以外のキーボードでもインストールで きるように、キーボードのマップを設定できるように変更しました。 オリジナルのインストールフロッピーディスクは boot. Tgz に変更しました。 2009/08/15: 8. X-RELEASE 対応に修正した。 Linux には色々なディストリビューションがあります。FreeBSD は単一の ディストリビューションが特徴の一つでもありますが、FreeBSD が使われる場面は 個々の環境によって異なっています。例えば、ファイアウォールや Web サーバーを動かしている環境では、C コンパイラやアセンブラ、ローダーは不要です。 そして、クラッカーに侵入された場合、それらのコマンドがあるほうが セキュリティ上より危険になります。 標準の FreeBSD 配布ファイルからプログラム開発用のコマンドを削除して、 新しい base 配布ファイルを作成できるツールを作成しました。 これにより、base 配布ファイルの容量が少なくなり、容量が少ない HDD (ハードディスク) にインストールすることも可能になります。 6. 11-RELEASE など、ほとんどの tcsh 6. Img の中の /boot/mfsroot. Flp が増えています。

フロッピーディスクを入れる順序としては、
     boot. 4-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. Flp
http://home. 3-RELEASE 用は:
ftp://ftp. 11-RELEASE 用の日本語インストーラです。 4. Iso の中の /boot/mfsroot. Dq で生成される “xxxxx” が行末禁則処理されていませんでした。
その他を修正しました。 2009/04/07: 日本語の「、。」の後に英数字が続くと「、。」の後で改行できないという 問題を修正しました。ja-groff. 2-RELEASE の場合 base 配布ファイルを展開すると du コマンドで 118. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 bootflp. 0-RELEASE 用は:
ftp://ftp. 3-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 6. Flp
http://home. Flp
http://home. Flp
http://home. 1-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 8. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 7. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
起動テストのみ行いました。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Flp
     → mfsroot1. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 7. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. 2-RELEASE まで) と異なり、FD (フロッピーディスク) からのインストールは、サポートされていません。 メモリステックと呼ばれる USB メモリか、CD からのインストールだけです。 大容量のメモリステックイメージと CD イメージを置く場所があればよいのですが、 現在、準備できません。 バイナリイメージをリリースされている、メモリステックに追加する方法も あるのですが、メモリステックのファイルシステムは、ギリギリの容量で 作成されており、空の領域がありません。それで、 ソースファイルの変更部分を提供し、自分でインストーラを作成してもらう 方法しかありません。 次の tar ファイルを取り出し、/usr/src で展開して (tar -xvzf. C” と展開して表示した後一旦停止 します。そして、この行を再び編集することもできます。これはちょうど ヒストリーに :p を付けた働きと同じです。 % more some. Tgz には、致命的な誤りがありました。
これを修正しました。 内容、インストール方法等の説明は、ほとんど同じです。 2009/01/06: 日本語 groff-1. Iso の中の /boot/mfsroot. * % vi some. 4-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Gz をダウンロードした後、 ファイルを展開してその中の README ファイルをお読みください。 上記のファイルは 4. Flp が増 えています。 フロッピーディスクを入れる順序としては、
     boot. Gz
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. 3-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 7. 2-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 7. 1-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. 3-RELEASE から日本語/英語の切り替えができるように復活しました。 日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは make. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルでは、もはやインストールフロッピーディスクはサポートされていません。 日本語インストーラのフロッピーディスクを入れる順序は、
     boot. 4-RELEASE 用は:
ftp://ftp. Gz を http://home. Gz を http://home. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法と USB メモリステック用日本語 インストーラの作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 8. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
起動テストは行いました。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Flp
     → boot. Flp
http://home. Flp が増えています。

フロッピーディスクを入れる順序としては、
     boot. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. Gz を http://home. Sh に誤りがあり、これを修正しました。 ———————————————————————— 日本語インストーラでアップグレードインストールした後に、mergemaster を行 わなければなりませんが、初心者には英語で対応するのは少し心配です。 mergemaster を日本語化しましたので、紹介します。 mergemaster はシェル手続きで作成されており、セキュリティ的にはオリジナルと 比較することで安全であることが確認できます。 5. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラ 6. Gz を http://home. Flp
mfsroot. Flp
http://home. 4-RELEASE AT 互換機にインストールできる、FreeBSD/i386 6. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルのインストールフロッピーディスクは boot. 12 で 使用できますが、特別に 5. 4-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. Tgz には、 いくつかの修正もれがありました。. 2-RELEASE 用は:
ftp://ftp. 4-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. Iso の中の /boot/mfsroot. AT ファイルをお読みください。
make. Flp
http://home. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 7. 2-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. Flp
http://home. Iso が作成されます。 http://home. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. Sh memstick
のように使用します。書き込みが終了すれば、そのまま外します。 日本語インストーラ 8. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. 2-RELEASE に対応しています。 2003/11/10: ・前の版 mailx-4. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法と USB メモリステック用日本語 インストーラの作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 8. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. 2-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルでは、もはやインストールフロッピーディスクはサポートされていません。 日本語インストーラのフロッピーディスクを入れる順序は、
     boot. Flp
CHECKSUM. Flp →
     boot. Flp
http://home. 11-RELEASE 日本語マニュアル その2 下記の 「4. Img の中の /boot/mfsroot. Tgz)、
make buildworld ; make buildkernel
を行ってから
cd /usr/src/release で
make release TARGET_ARCH=i386 TARGET=i386 NODOC=YES NOPORTS=YES
を行ってください。
CPU が複数ある PC では、make -j 2 buildworld ; make -j 2 buildkernel を行えば、より速く実行できます。
/usr/obj/usr/src/release に
メモリスティックイメージファイル memstick と CD イメージファイル release. Flp
     → boot. Flp →
     boot. Gz には入力した Subject: が失われるというバグがありました。 こちらの版をお使いください。 ・From: や Subject: に(^[等の)制御文字や 8 ビット文字が使われていれば、 ^シーケンスの文字や xXX の形式で表示するようにしました。 これにより spam で送られきたメールによって画面が乱される ことを回避できます。 SYSTEM V UNIX の mailx コマンドはバークレー版の Mail を改造して作られたのですが、 バークレー版の Mail にない、種々の機能が拡張されています。 本パッチはバークレー版の Mail コマンドを SYSV の mailx 同様に機能を拡張するものです。
使用法は mailx-8. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
起動テストのみ行いました。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Flp
http://home. Tbz
にあります。 4. MD5
にあります。 (現在アクセス不能)
インストーラが起動することだけ、確認しましたが。 実際のインストールはまだ、行っていません。 USB メモリ (メモリステック) の書き込みは、
http://home. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 7. C 私は tcsh を使い始めて、ヒストリー後の停止がないため、戸惑いました。 それで、tcsh にこの機能を追加しました。シェル変数 pausehist が設定 されていれば、この機能が働きます。設定されていなければ、普通の tcsh と同じになります。 % set pausehist # 普通. Tgz
(現在アクセス不能)
チェックサムは、
http://home. Flp
http://home. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. Gz を http://home. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 8. Flp
http://home. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールできることを確認しました。 日本語インストーラのフロッピーディスクを入れる順序は、
     boot. Flp
http://home. 4-RELEASE 日本語マニュアルの package は
ftp://ftp. Tcshrc に設定します。 ヒストリー展開後、即実行する場合にエンターを二度打ちしなけらばなり ませんが、キー位置が同じですから、なれれば、特に不便ではないと思い ます。
使用法は tcsh. Img の中の /boot/mfsroot. 3-RELEASE 用の日本語インストーラです。 http://home. Iso の中の /boot/mfsroot. Flp
です。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 6. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。
日本語インストーラ 5. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. Flp
http://home. 8-RELEASE で出来ていた日本語/英語の切り替えが、それ以降出来なくなりま したが、5. Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
USB メモリステック用日本語インストーラのためのファイル
上記と同様に、
ISO-IMAGES にある 8. Flp
http://home.

* Do you use custom windows. * Online Gaming Bandwidth.

) To ease the migration from the previous BE to the new one, I began using this procedure:. It turns out all the snapshots are being transferred to the newest BE. After having used the recipe above, I came to realise the boot times keeps increasing. At some point it just becomes unbearable, and you need to cut through the crap by creating a fresh BE without any attachments to the prior ones. (I really do miss the old behaviour of the zfs promote command.

buildworld freebsd 10

Export BASEDIR=$(pwd) export MAKEOBJDIRPREFIX=$BASEDIR/obj cd $BASEDIR/src make buildworld TARGET_ARCH=armv6 make buildkernel TARGET_ARCH=armv6 KERNCONF=IMX6 sudo -E make installworld TARGET_ARCH=armv6 DESTDIR=$BASEDIR/nfsroot sudo -E make distribution TARGET_ARCH=armv6 DESTDIR=$BASEDIR/nfsroot sudo -E make installkernelTARGET_ARCH=armv6 KERNCONF=IMX6 DESTDIR=$BASEDIR/nfsroot.

FreeBSD is an advanced computer operating system used to power modern servers, desktops, and embedded platforms.

Some things such as always-running daemons and libraries such as libc may require you to scp to a temp file, drop the target system to single-user mode and mv them to their rightful place/name, then exit single-user mode to test them. You can even skip the installworld step and copy the binary directly from your obj dir to the target system. When you’re working on a userland app or library, the fastest way to get a rebuilt copy of it onto your test system might be to use scp(1).

buildworld freebsd 10

Пробовал 732 раза , но ни разу не вышло. Добавлено: Ср 02 Апр, 2003 11:50 Заголовок сообщения: FreeBSD: make buildworld проблемы.

FreeBSD System on USB flash stick. How to use USB memory-stick for booting FreeBSD. Cvsuping ports and src and following the steps in /usr/src/Makefile to build world and. This document describes the steps taken. *Installing FreeBSD on a USB stick.

Gz
(現在アクセス不能)
のファイルに置き換えます。
その後、これで CD-ROM を作成すれば、日本語インストーラになります。
実際に起動するかのテストは行っていませんが、うまくいくはずです。
日本語インストーラを作成するための作成方法の説明とパッチファイルは http://home. Gz
(現在アクセス不能)
に置いています。 それぞれのチェックサムは
http://home. Flp
http://home. Flp
http://home. Flp
http://home. Flp
http://home. Flp →
     boot. Iso の中の /boot/mfsroot. Flp
http://home. Gz を http://home. Flp
(現在アクセス不能)
個々のファイルを取り出すのが面倒な人のために、上記のインストールフロッピー ディスクイメージファイルをまとめて
http://home. Gz
(現在アクセス不能)
にあります。作成方法は tar ファイル中の README. AT ファイルをお読みください。
日本語インストーラの CD-ROM の作成方法も記述しています。. MD5
(現在アクセス不能)
に含まれています。 アップグレードインストールができることを確認しました。 オリジナルでは、もはやインストールフロッピーディスクはサポートされていません。 日本語インストーラのフロッピーディスクを入れる順序は、
     boot. Flp
になります。 CD-ROM 日本語インストーラのためのファイル
CD-ROM を日本語インストーラに変更するためのファイルを置いています。
ISO-IMAGES にある 8.

FreeBSD Jail is a great lightweight virtualisation method. Build server rootfs with buildworld;. Building a new diskless FreeBSD 10.

1 の修正」を行 った 日本語 groff を使用してください。8. 0-RELEASE 用のライブラリ名が足りないかもしれません。そのときは、 お知らせください。. ————————————————————————
o 日本語 groff について
日本語 groff を使用してマニュアルを表示する場合、 (ja-man-doc-10. 0-RELEASE 用のライブラリ名の追加 等を行っています。
10. Txz を pkg_add して使用する場合) 従来の 7.

soft-navi - Blog


4 responses on “Buildworld freebsd 10

  1. From the Standard bar, click New Query. Не следует устанавливать параметр базы данных AUTO_SHRINK в значение ON без
    В обозревателе объектовподключитесь к экземпляру компонента Компонент SQL Server
    На панели «Стандартная» нажмите Создать запрос.

  2. Indexes are deemed to be in active use if there were more than 100 seeks, scans or lookups on the index since the last server reboot. Only indexes that have a page count of more than 500 and are in active use are included in this check. Fragmented indexes will result in slow query performance.

  3. Установка системы мониторинга cacti на ОС FreeBSD Cacti — это веб приложение, собирающее.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *