Red hat enterprise linux openstack platform kilo

Mirantis OpenStack 7.0 vs Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform

04 (LTS) to install OpenStack on a. Oracle OpenStack for Oracle. By ronald My previous Ubuntu OpenStack. OpenStack is a cloud computing software product that is the leading open source platform. Red Hat Enterprise Linux 7, CentOS 7 and Ubuntu 14. Deploying Ubuntu OpenStack Kilo.

In this validated architecture, a pair of Cisco Nexus 9000 is deployed in NxOS standalone mode. It is summarized as listed below:. Cisco Nexus 9000 related best practices are used in the validation of the FlexPod with Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 6.

  QEMU will then attempt an iSCSI login again and will be redirected to the local Stargate. Once the local CVM’s Stargate comes back up (and begins responding to the NOP OUT commands), the remote Stargate will quiesce then kill all connections to remote iSCSI sessions.

  An easy way to force this is to add an entry into the hosts file for the cluster (e. Deploy the template from the SCVMM Library (DSF SMB share) – NOTE: Shares must be added to the SCVMM cluster using short names (e.

Red Hat Flexes Private Cloud Muscles | Cloud Services content

The number of ports used can be easily modified depending on the application requirements. The NetApp E5500 controllers are configured with (4) individual 10Gb connections to the Cisco Nexus 9000 switches as shown in Figure 26. These interfaces carry all the ingress and egress data traffic for the NetApp controllers. This validated design uses two physical ports (called host interface cards, or HICs) from each NetApp E5500 controller for a total of four ports.

The result is a more predictive and adaptable architecture capable of meeting and exceeding customers’ IT demands. As customers transition toward shared infrastructure or cloud computing they face a number of challenges such as initial transition hiccups, return on investment (ROI) analysis, infrastructure management and future growth plan. By introducing standardization, FlexPod helps customers mitigate the risk and uncertainty involved in planning, designing, and implementing a new datacenter infrastructure. The FlexPod architecture is designed to help with proven guidance and measurable value.

  Built-in Multi-Tenancy Support —The combination of policies, pools and templates, loose referential integrity, policy resolution in organization hierarchy and a service profiles based approach to compute resources makes UCS Manager inherently friendly to multi-tenant environment typically observed in private and public clouds.

red hat enterprise linux openstack platform kilo

Bashrc Nutanix Cluster Check (NCC)の実行 説明:潜在的問題やクラスタのヘルスをテストするためのヘルススクリプト、Nutanix Cluster Check (NCC) を実行。クラスタに 問題が発見された場合のトラブルシューティングとして、最初に実行すべきことです。 NCCがインストールされていることを確認(前述の手順) NCCヘルスチェックを実行 ncc health_checks run_all 「progress monitor cli」を使用したタスク一覧の作成 progress_monitor_cli -fetchall 「progress monitor cli」を使用したタスクの削除 progress_monitor_cli –entity_id= –operation= –entity_type= –delete
# NOTE: operation and entity_type should be all lowercase with k removed from the begining 指標とスレッシュホールド 以下のセクションでは、Nutanixバックエンドに対する特定の指標や、スレッシュホールドについて説明します。この内容は今後も適時更新します! Gflags 近日公開! トラブルシューティングと高度なアドミニストレーション Acropolisのログを調査 説明: クラスタのAcropolisのログを調査 allssh “cat ~/data/logs/Acropolis. 2009ページ – Stargate概要 – コンテンツキャッシュ Note プロからのヒント 理想的には、ワークロードがREAD中心型で、最大のREADパフォーマンスを発揮した場合、ヒット率は80~90%を超えるものになります。 注意: 以上は、Stargate / CVM あたりの数値です。 次は「クラスタステータス」に関するセクションで、クラスタ内のStargateとそのディスク使用状況に関する詳細を表示しています。 以下は、Stargateとディスク使用状況(利用可能/合計)を図示したものです: 図14-4. 2009ページ – vDiskステータス – エクステントグループ上層移動 2010ページ (Curator) の利用 2010ページは、Curator MapReduceフレームワークの詳細をモニターするためのページです。このページは、ジョブ、スキャンおよび関連するタスクの詳細情報を提供します。 Curatorページには、http://:2010から入ることができます。注意: Curatorマスターにいない場合は、「Curator Master:」の後のIPアドレスをクリックしてください。 ページの上部には、稼動時間、ビルドバージョンなど、Curatorマスターに関する詳細な情報が表示されます。 次のセクションには、「Curatorノード」一覧があり、クラスタ内のノード、ロール、ヘルス状態といった詳細が表示されています。これらは、Curatorが分散処理とタスクの移譲のために使用しているノードです。 以下が「Curatorノード」一覧になります: 図14-16. Gz to the /home/nutanix directory NCC. ERROR” Stargateの例 allssh “cat ~/data/logs/Stargate. Task_type=3″;” # Refresh Usage
allssh “wget -O – “http://localhost:2010/master/api/client/RefreshStats”;” CLIからレプリケーション中のデータの確認 説明: curator_idでレプリケーション中のデータを確認 curator_cli get_under_replication_info summary=true リングを圧縮 説明:メタデータリングを圧縮 allssh “nodetool -h localhost compact” NOSのバージョンを調査 説明: NOSのバージョンを調査(注意: NCLIを使うことも可能) allssh “cat /etc/nutanix/release_version” CVMのバージョンを調査 説明: CVMのイメージのバージョンを調査 allssh “cat /etc/nutanix/svm-version” vDiskをマニュアルでフィンガープリント 説明: (重複解除向けに) 特定のvDiskのフィンガープリントを作成。注意:コンテナの重複排除が有効になっている必要があります。 vdisk_manipulator –vdisk_id= –operation=add_fingerprints 全てのクラスタノードに対しFactory_Config. 2009ページ – vDiskステータス – ワーキングセット 「READソース (Read Source)」は、READ I/Oに対する処理が行われた階層またはロケーションの詳細を示します。 以下が、「READソース (Read Source)」詳細になります: 図14-13. Op size) 平均処理待ち数 より詳細な情報が、vdisk_stats ページに多数含まれています。 2009/vdisk_stats ページの利用 2009 vdisk_statsページは、vDiskに関するより詳細なデータを提供するためのページです。このページにはランダムネス、レイテンシヒストグラム、I/Oサイズ、ワーキングセットの詳細などが含まれています。 左の列にある「vDisk Id」をクリックするとvDisk_statsページに移ります。 以下は、セクションとvDisk IDのハイパーリンクを示しています: 図14-6. ERROR” クラスタのフェータルログの調査 説明: クラスタのFATALログを調査 allssh “cat ~/data/logs/. 2010ページ – Curatorジョブ – 詳細 以下が「バックグラウンドタスクステータス」一覧になります: 図14-19. FATAL” Stargateの例 allssh “cat ~/data/logs/Stargate. 2010ページ – Curatorノード 次のセクションは「Curatorジョブ」一覧で、完了したジョブと現在実行中のジョブを表示しています。 ジョブには主に、60分に1回程度の実行が望ましいパーシャルスキャンと、6時間に1回程度の実行が望ましいフルスキャンという2つのタイプがあります。注意:実行タイミングは、使用率や他の処理状況により異なります。 スキャンはスケジュールに基づいて定期的に実行されますが、特定のクラスタイベントによっても起動されます。 ジョブが実行されるいくつかの理由を、以下に示します: 定期実行(通常の状態) ディスク、ノードまたはブロックの障害 ILMの不均衡 ディスクまたは階層の不均衡 以下が「Curatorジョブ」一覧になります: 図14-17. 2010ページ – Curatorジョブ – タスク 次のセクションには「MapReduceジョブ」一覧があり、各Curatorジョブにより起動された、実際のMapReduceジョブが表示されます。パーシャルスキャンには単独のMapReduceジョブとなり、フルスキャンは4つのMapReduceジョブとなります。 以下が「MapReduceジョブ」一覧になります: 図14-20. Task_type=2″;” # Partial Scan
allssh “wget -O – “http://localhost:2010/master/api/client/StartCuratorTasks. Bash
echo “source ~/ncc/ncc_completion. 2009ページ – ホステッドvDisk vdisk_statsページに移ると、vDiskのステータス詳細が表示されます。注意: 表示されている値はリアルタイムなもので、ページをリフレッシュすることで更新することができます。 まず重要なセクションは、「オペレーションとランダムネス (Ops and Randomness)」で、I/Oパターンをランダムなものとシーケンシャルなものに分解しています。 以下は、「オペレーションとランダムネス (Ops and Randomness)」セクションを図示したものです: 図14-7. 2010ページ – MapReduceジョブ 「ジョブID (Job ID)」をクリックすると、MapReduceジョブの詳細ページに移り、タスクステータス、各種カウンター、MapReduceジョブの詳細が表示されます。 以下に、ジョブのカウンターの例を図示します: 図14-21. Json” 特定のNutanixノードのNOSバージョンをアップグレード 説明: 特定のノードのNOSバージョンとクラスタに整合ようにアップグレード ~/cluster/bin/cluster -u upgrade_node  DSFのファイル(vDisk)一覧 説明: ファイルとDSFにストアされているvDiskに関する情報一覧を表示 Nfs_ls ヘルプテキストの出力 Nfs_ls –help Nutanix Cluster Check (NCC) のインストール 説明: 潜在的問題やクラスタのヘルスをテストするためのヘルススクリプト、Nutanix Cluster Check (NCC) をインストール NCCをNutanixサポートポータル (portal. 2010ページ – Curatorジョブ 一覧には、各ジョブが実行したアクティビティの概要の一部が記載されています: 処理 フルスキャン パーシャルスキャン ILM X X ディスクバランシング X X 圧縮 X X 重複排除 X   消失訂正符号 (EC) X   ガベージクリーンアップ X   「実行ID (Execution ID)」をクリックすると、ジョブの詳細ページに移り、生成されたタスクと同時にジョブの詳細情報が表示されます。 ページの上部に表示される一覧には、ジョブのタイプ、理由、タスク、デュレーションといった詳細が表示されます。 次のセクションには「バックグラウンドタスクステータス (Background Task Stats)」一覧があり、タスクのタイプ、生成された数量やプライオリティといった詳細が表示されます。 以下がジョブ詳細一覧になります: 図14-18. 2009ページ – vDiskステータス – READソース Note プロからのヒント READに高いレイテンシが見られる場合、vDiskのREADソースを見て、I/O処理がどこで行われているかを確認します。ほとんどの場合、READがHDD (Estore HDD) で処理されることでレイテンシが高くなります。 「WRITE先 (Write Destination)」は、新規WRITE I/Oがどこに対して行われるかを示します。 以下が、「WRITE先 (Write Destination)」一覧になります: 図14-14. Gz file name> –recursive-unlink インストールスクリプトの実行. 2009ページ – Stargate概要 – Queue 2つめは、コンテンツキャッシュのキャッシュサイズとヒット率に関する情報を表示する部分です。 以下は、概要セクションのコンテンツキャッシュに関する部分です: 図14-3. Json をエコー allssh “cat /etc/nutanix/factory_config. 2009ページ – vDiskステータス – WRITE先 Note プロからのヒント ランダムまたは小規模なI/O (

OnCommand System manager manages the entire NetApp FAS line, from the entry-level FAS2200 series to the enterprise-class FAS8000 series, including systems running NetApp FlexArray storage virtualization software. NetApp OnCommand System Manager is a simple, versatile GUI management product that enables administrators to easily configure and manage clustered NetApp storage systems. System Manager is designed with wizards and workflows that simplify common storage tasks such as creating volumes, LUNs, qtrees, shares, and exports, which saves time and helps prevent errors.

When Stargate sees I/O errors or the device fails to respond within a certain threshold it will mark the disk offline. And check the status of the device. A disk failure can be characterized as just that, a disk which has either been removed, encounters a failure, or one that is not responding or has I/O errors. Once that has occured Hades will run S. If Stargate marks a disk offline multiple times (currently 3 times in an hour), Hades will stop marking the disk online even if S. If the tests pass the disk will be marked online, if they fail it will remain offline.

The cache also provides a time-to-live option, which invalidates old cache entries automatically after a specified period of time. This not only makes the instance/Cinder volume create operation faster, but it also reduces the CPU load on the Cinder/Glance hosts and reduces the network traffic almost completely.

·         Unified storage architecture. Every model runs the same software (clustered Data ONTAP); supports all popular storage protocols (CIFS, NFS, iSCSI, FCP, and FCoE); and uses SATA, SAS, or SSD storage (or a mix) on the back end. This allows freedom of choice in upgrades and expansions, without the need for re-architecting the solution or retraining operations personnel.

red hat enterprise linux openstack platform kilo

4 thoughts on “Red hat enterprise linux openstack platform kilo

  1. ChatBot Post authorReply

    Img /usr/bin/supermin-helper exited with error status 1.

    #solution
    update-guestfs-appliance. See http://libguestfs. Html#debugging-libguestfs at /usr/bin/virt-list-partitions line 177. To see full error messages you may need to enable debugging.

  2. S_E_S_T_R_A Post authorReply

    Using a Virtual Private Network (VPN for short) is definitely the best way to secure your. You can download one of the free iPhone VPN applications.

  3. inc Post authorReply

    The person or entity may submit the complaint to another Provider. In that event, the Provider shall refuse the submission. (a) Any person or entity may initiate an administrative proceeding by submitting a complaint in accordance with the Policy and these Rules to any Provider approved by ICANN. (Due to capacity constraints or for other reasons, a Provider’s ability to accept complaints may be suspended at times.

  4. madam Post authorReply

    (d) Unless it has already elected a three-member Panel, the Complainant shall submit to the Provider, within five (5) calendar days of communication of a response in which the Respondent elects a three-member Panel, the names and contact details of three candidates to serve as one of the Panelists. These candidates may be drawn from any ICANN-approved Provider’s list of panelists.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *